不妊症に悩んだ名古屋主婦の人工授精、体外受精、その結果

HOME » 私の不妊治療体験 » 35歳|産婦人科で治療スタート

35歳|産婦人科で治療スタート

35歳から5年間、不妊治療を経験した名古屋在住の管理人の記録をまとめたページです。

ここでは、子供がほしいと思うようになった33歳から、近所の産婦人科のアドバイスでタイミング法をはじめた35歳、人工授精にステップアップした37歳までの記憶を振り返っています。

33歳

子作りを考え始める

私達夫婦が子作りを考えはじめたのは33歳でした。
30代前半で結婚した友達からの妊娠や出産報告もこの頃から増えだし、そのせいか「少し遅いけど、すぐに授かるかな」と気軽に考えていました。毎年の健康診断や子宮がん等の検診は欠かさず、まあ正直、健康には自信を持っていたと思います。

ただ、なんとなく35歳までには子供を産まなきゃ体力的にもきっと大変なのではと思っていました。

35歳

私って不妊症なの?

自分で基礎体温はつけてはいたものの35歳目前になっても妊娠しませんでした。まだそれほど焦っていなかったのだと思います。

そして、ちょうど35歳の誕生日を過ぎてすぐ、子宮頸がん検診を受ける機会があったので、近所の産婦人科で、「そろそろ子供が欲しいのですが」と先生に気軽に聞いてみたのです。

先生の回答は、「普通の夫婦生活をしていて2年間妊娠しなければ、不妊症の検査を受けた方がいいですね。超音波で見た限り異常は見当たりませんが、あなたは35歳だから治療をするなら1日も早い方がいいですよ」というものでした。

不妊症?検査?のんびりと考えていた私は、正直ショックでした。自分が子供を産めないかもしれないとは考えたこともありませんでした。

産婦人科でタイミング法スタート

その後夫と相談して、まずはなるべく自然にまかせたいので、タイミング法から始めようとの結論にいたりました。
まずはその産婦人科で、正確な排卵日を指導してもらうことにしました。タイミングがさえ合えば、すぐに妊娠できるだろう。この時はそんな気軽な気持ちでした。

それから実施したタイミング法は合計8回。この頃からようやく「このままでは本当に妊娠できないかもしれない…」という気持ちと焦りが私の中に芽生え始めました。

それを夫に相談すると、夫は「子供がいない人生だってある」と言いました。それももちろんあると思います、でもまだ私は諦めたくありませんでした。

36歳

不妊治療専門クリニックへ

夫の意見も含め二人で何週間も話し合い、私が40歳になるまで頑張ってみようという結論に至りました。そのとき私は36歳。思い切って不妊専門のクリニックの扉を叩くことにしました。

そのクリニックはテレビや雑誌でもよく目にする、名古屋で有名な不妊治療のクリニックです。みなさんも耳にしたことはあると思います。ここで検査をしてもらえば不妊の原因がすぐに分かるはず、そしたらすぐに妊娠できる。その頃はそんな風に思っていました。

自分なりに勉強もして、男性不妊についての知識も深めました。そして次に進むとしたら人工授精ということも。

検査結果はここでも「異常なし」

その市内の専門クリニックでは、すぐに不妊にホルモン検査、子宮卵管造影検査、ヒューナー検査などを行いました。専門クリニックになるとこうも検査内容が違うのかと驚きました。検査の結果は全て異常なし。

ほっとすると同時に、私にも夫にも問題がないのに子供ができないってどういうことなの?とショックも受けました。出口が見えないトンネルに迷い込んだような気持ちでした。

人工授精へステップアップ

先生から提案されたのは、人工授精でした。「人工」という言葉に違和感を感じていましたが、受精して着床するという流れは自然と同じという説明を受け、ステップアップすることを決めました。

あと数カ月で37歳の誕生日。嬉しいはずの誕生日が、嫌になる。仕事を検査などで休むことも難しく、不妊治療を早く卒業したいという気持ちでいっぱいでした。それでも、人工授精までやるのだから、すぐに授かるはずと夫婦で信じていました。

 
名古屋主婦・35歳からの不妊治療体験記