不妊症に悩んだ名古屋主婦の人工授精、体外受精、その結果

HOME » 名古屋の不妊治療クリニック情報

名古屋の不妊治療クリニック情報

不妊治療を受けられる病院は全国に数百もあります。そして専門クリニックから産婦人科によっても、治療のスタイルが異なります。

不妊症の治療が受けられる施設とは

まずは、医療機関ごとの違いについて知っておく必要があります。

1、不妊治療専門クリニック

不妊治療に特化した専門のクリニックです。もともと大きな病院で不妊治療をしていた医師が、個人で開業した場合が多いようです。高度な不妊治療にも対応しており、一人ひとりに合った最適な治療が受けられます。

また、不妊に悩む患者さんしか来院しないため、ストレスなく通院できます。ただし、ほかの病院に比べると治療費用が割高になる傾向があります。

2、産婦人科病院

産婦人科病院でも不妊治療を受けられるところがあります。費用も専門クリニックほど高くなく、気軽に通えますが、不妊治療に特化していないために、充分な設備が整っていないことも。

重要な検査が受けられないこともあり、ステップアップのスピードも専門クリニックよりゆっくりしているようです。すぐに結果を求める方には物足りなさがあるかもしれません。また、妊婦さんと同じ待合室で待たされることが多く、精神的につらい思いをすることがあります。

3、大学病院、総合病院

各分野の専門医と設備が充実しているため、1箇所でいろいろな検査を受けることができます。妊娠できない原因を追究して、合理的に治療をすすめていきます。治療費がほかの病院と比べると安く、経済的に厳しい人にはありがたい存在です。

ただし、大病院なので待ち時間が長く、診察時間が短く、診察のたびに医師が違うこといったこともあります。相性が合う先生のもとでじっくり治療したい方には不向きかもしれません。

それぞれの施設によって特徴が異なり、メリットデメリットがあります。病院の種類よりも、「今の自分に一番合ったところ」という視点で選ぶことが大事だと思います。

 
名古屋主婦・35歳からの不妊治療体験記