不妊症に悩んだ名古屋主婦の人工授精、体外受精、その結果

HOME » 知ってる?不妊治療の基礎知識 » 自分にあった治療法とは

自分にあった治療法とは

不妊治療は、一般不妊治療と高度生殖医療(ART)の2つに分けられます。詳しく見ていきましょう。

一般不妊治療の種類と内容

まずは一般不妊治療の主な種類と内容についてまとめてみました。

  • タイミング法

排卵日を予測し、妊娠率の高い時期を指導する方法です。
不妊治療の中で一番自然に近い治療法だといえます。
基礎体温表だけでなく、病院で卵胞の大きさや厚みを超音波でモニターすることで、より正確な排卵日の予測ができます。

  • 人工授精(AIH)

人工授精は、男性側に不妊の原因がある場合や、子宮頚管粘液の量や質が悪い場合、タイミング法やホルモン療法で効果が出なかった場合などにおこなわれます。

まず女性の排卵日を予測し、最適な日に採取した精子を、人工的に女性の子宮内に注入します。直接精子を送り込むことで受精の確率を高める効果があります。人の手が加わりますが、注入された精子が卵管へと移動し、受精して着床するという流れは自然妊娠と同じです。

高度生殖医療の種類と内容

高度生殖医療 (ART)は、人工授精のように精子だけでなく、卵子と精子両方を操作して行う硬度な不妊治療のことです。
高度な技術が必要となるため、クリニックによって成績に差があると言われています。

  • 体外受精(IVF)

まず、排卵誘発剤で複数の卵胞を育て、採卵します。
男性から採取した精子と卵子を、体外で受精させ培養します。受精卵を女性の子宮内に戻し、受精卵が着床すれば妊娠となります。
女性の卵管に問題がある場合、男性の乏精子症や精子無力症などに有効な方法です。

  • 顕微授精(ICSI)

体外受精の治療法の一つです。
体外受精と同様に、採卵・採精、選別した質の良い精子を、細いガラス針で卵の細胞質内に注入して受精卵を培養。質の良い受精卵を子宮内に移植します。
無精子症でも、精子が一つでも確認できる場合は受精させることができます。

ステップアップという概念は正しい?

通常、不妊治療を受ける場合、まずは検査で不妊の原因を特定し、その治療から開始します。

原因が見つからない場合は一般不妊治療から治療をスタートします。タイミング法などで数ヶ月から1年程度行っても妊娠しない場合、ステップアップして人工授精を行います。
そして、数ヶ月から1年程度行っても妊娠しなければ、体外受精へのステップアップを進められます。

このサイトを見ている方には、自然な妊娠にこだわりたいという方も、体外までして子供を授かりたくないと言う方もいらっしゃると思います。
夫婦それぞれの考えがあるので、それはそれで良いと思います。

しかし個人的には、自分の“妊娠適齢期”を把握せずにタイミングから時間をかけてステップアップしていくことに疑問を感じています。

もし、あとわずかな時間しか残されていなかったら、貴重な時間を失いかねません…。妊娠という結果を目指すのであれば、しっかりと検査をして、自分に最適な治療法を見つけることが何より重要だと思います。

 
名古屋主婦・35歳からの不妊治療体験記