不妊症に悩んだ名古屋主婦の人工授精、体外受精、その結果

HOME » 知ってる?不妊治療の基礎知識 » 妊娠のタイムリミット

妊娠のタイムリミット

晩婚化によって不妊治療を受ける夫婦が増えているといわれています。
35歳以上で出産した人の内、なんと約3割が不妊治療をしたという調査結果もあるようです。

35歳以上での出産、不妊治療はもはや珍しいことではなくなったようですね。

寿命が延びても出産可能年齢は変わらない

しかし、女性のライフスタイルが多様化し、結婚適齢期がなくなっても、“妊娠適齢期”は大昔から変わりません。つまり、寿命が延びることによって老後が長くなっただけで、子供を産める期間は江戸時代から同じなのです。

晩婚化が進行し、自由な生き方が選べる時代になっても、女性は“妊娠適齢期”という期限から逃れられません。シビアですが、これが現実です。
では、妊娠適齢期の上限は何歳までなのでしょうか?

35~40歳の妊娠ゴールデンタイム

「生理がある内は妊娠できると思っていたのに、もう手遅れなんて」――。
これは、高度不妊治療を受けた某有名女性タレントの方の言葉です。

実は女性の体は、排卵がなくなった後も卵の周囲の細胞が10年ほどホルモンを作り続けるので生理があります。そのため、生理があったとしても閉経の10年前くらいから妊娠が難しくなるといわれています。

閉経の年齢は、大体50歳前半。
となると、妊娠の限界は40歳前半ということになってしまいます。閉経には10年ほど個人差があるためそれを考慮すると、35~45歳の間に妊娠できる限界がくるということになります。

不妊治療は男性側の原因や排卵の有無など、思った以上に1回の治療に時間がかかります。そうすると、35~40歳の間に結果を出すために、早くから動くことがとても重要です。また、上手く妊娠したとしても高齢出産となると、流産や妊娠中毒症、ダウン症など様々なリスクがあります。

30代になると1年ごとに女性の体はどんどん変化していきます。なるべく早目に専門のクリニックに相談して不妊治療をスタートすることをおすすめします。

 
名古屋主婦・35歳からの不妊治療体験記