不妊症に悩んだ名古屋主婦の人工授精、体外受精、その結果

HOME » 知ってる?不妊治療の基礎知識

知ってる?不妊治療の基礎知識

10組の夫婦の内、1組は悩んでいると言われる不妊症。

そもそも不妊症とは何でしょう?医学的には、結婚した夫婦が夫婦生活を行っているにもかかわらず、2年以上妊娠できない状態とされています。ではなぜ2年なのか。

それは、夫婦生活を行っている場合、約80%の夫婦が1年以内に妊娠でき、2年以内には約90%の夫婦が妊娠できるというデータが根拠になっているからです。

ただし、これは、女性が基礎体温表をつけて、排卵日前後に夫婦生活を行うということが前提となっています。ときどき、自分の排卵日を知らないまま不妊症かもしれないと悩んでいる人がいますが、まず基礎体温表をつけること。これが基本中の基本ということですね。

不妊症の原因とは

「もしかしたら不妊症かもしれない…」そのように悩む女性が多くいますが、不妊症の原因が女性だけにある可能性は約40%といわれています。男性側の精子の数や質などに問題がある場合も少なくありません。

下記のデータを見ると、男女ともに原因がある場合も含めると、男性に問題がある場合は全体の約半数になります。

WHO(世界保健機関)の調査による不妊症の原因

  • 女性のみに原因がある・・・41%
  • 男性のみに原因がある・・・24%
  • 男女ともに原因がある・・・24%
  • 原因不明・・・11%

そのため、不妊症の治療は夫婦揃って検査を受けることからスタートします。不妊症は夫婦の問題です。時間もお金もかかるため、いつまで治療を続けるのか、自分達がどのような人生計画を立てたいかなど、夫婦でじっくり話し合うことが重要です。

また、不妊症の治療は特に女性にとって心身ともに辛いものです。夫婦で支え合っていけるよう、しっかり情報を共有していくことも大事だと思います。

不妊症の治療には年齢という時間との戦いでもあります。個人的には30代前半で子作りして半年できなかったら、専門クリニックで検査してもらうくらいの気持ちでいた方がいいと思っています。治療に遅すぎるということはあっても、早すぎるということはないのです。

 
名古屋主婦・35歳からの不妊治療体験記